• 本

戦争をしない国 明仁天皇メッセージ

出版社名 小学館
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-09-389757-0
4-09-389757-3
税込価格 1,100円
頁数・縦 127P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

衝撃のベストセラー『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』の著者・矢部宏治は、なぜいま、明仁天皇の言葉に注目したのか。戦後日本最大の矛盾である「沖縄問題」と真正面から向かい合い、その苦闘のなかから「声なき人びとの苦しみに寄り添う」という、象徴天皇のあるべき姿を築きあげていった明仁天皇。その平和への思いと珠玉のメッセージの数々を、写真家・須田慎太郎の美しい写真とともに紹介します。サイパン、パラオ、中国、沖縄、広島、長崎、福島…。明仁天皇の足跡をたどり、空前の海外&国内ロケを敢行!

目次

1 I shall be Emperor
2 慰霊の旅・沖縄
3 国民の苦しみと共に
4 近隣諸国へのメッセージ
5 戦争をしない国
6 美智子皇后と共に

出版社
商品紹介

今年の新年所感で天皇が「満州事変」に言及されたことは、注目を集めた。天皇は憲法によって政治的行為を禁じられている。大変な制約のあるなか、あるべき「日本のかたち」についてご発言をなされる真意とは。

おすすめコメント

明仁天皇の言葉でたどる、日本の戦後70年 衝撃のベストセラー『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』の著者・矢部宏治は、なぜいま、明仁天皇の言葉に注目したのか。戦後日本最大の矛盾である「沖縄問題」と真正面から向かい合い、その苦闘のなかから「声なき人びとの苦しみに寄り添う」という、象徴天皇のあるべき姿を築きあげていった明仁天皇。その平和への思いと重要なメッセージの数々を、写真家・須田慎太郎の美しい写真とともに紹介します。サイパン、パラオ、中国、沖縄、広島、長崎、福島・・・。単行本としては空前の海外&国内ロケを敢行! 【編集担当からのおすすめ情報】 戦後70年がたち、いま日本は大きな曲がり角に立っています。そうした時代のただなかにあって、折にふれて発信される明仁天皇の考え抜かれたメッセージ。その根底にあるのは、「平和国家・日本」への強い思いです。本書は、天皇という地位ではなく、ひとりの人間としての明仁天皇にスポットライトを当て、大きな苦悩と長い苦闘の中からつむぎだされた、その珠玉の言葉を美しい写真とともに紹介します。目次 1章 I shall be Emperor. 2章 慰霊の旅・沖縄 3章 国民の苦しみと共に 4章 近隣諸国へのメッセージ 5章 戦争をしない国 6章 美智子皇后と共に あとがき 【付録】世界はなぜ、戦争を止められないのか――国連憲章と集団的自衛権

著者紹介

矢部 宏治 (ヤベ コウジ)  
1960年、兵庫県生まれ。慶応大学文学部卒業後、(株)博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表
須田 慎太郎 (スダ シンタロウ)  
1957年、千葉県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。在学中から日本報道写真の先駆・三木淳氏に師事。86年日本写真協会新人賞受賞。05年〜07年、『ZOOM Japan』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)