• 本

タバタ式トレーニング 究極の科学的肉体改造メソッド 4min

出版社名 扶桑社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-594-07296-4
4-594-07296-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 127P 21cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 4分で肉体改造ができる「もっとも効率がいいトレーニング」として海外で広まっている「TABATA」。実はこれは日本発のトレーニングでした。
    近年、日本にもネットなどで断片的な情報が書かれることで「逆輸入」され、取り入れている人も増えましたが、これらの情報には誤解されている点も多いといいます。そんな状況を見て、「TABATA」の理論を確立し、名前の由来となった立命館大学スポーツ健康科学部教授、田畑泉氏が自らペンを取ることを決意しました。
    一般の人なら健康増進から糖尿病予防まで、アスリートや指導者ならば競技能力の向上に役立つタバタ式トレーニングのエビデンスと実践方法を解説してあります。

    (2021年7月23日)

商品内容

要旨

逆輸入される際に誤解された点を田畑博士が徹底解説!日本人の名を冠したトレーニングなのに日本人は知らなかった!特別な器具は不要!有酸素性・無酸素性能力が同時に鍛えられる!1日1回4分を週2回。3週間で効果が出る!

目次

第1章 驚異の逆輸入トレーニング「タバタ」(海外で人気のトレーニング、実は日本発だった!
「TABATA PROTOCOL」とは何なのか? ほか)
第2章 実践!タバタトレーニング(タバタトレーニング実践の準備
ウォームアップ ほか)
第3章 あの名選手が語るタバタトレーニング(タバタトレーニングの実践者に聞く(清水宏保
川尻達也))
第4章 タバタトレーニングの科学―理論と実験で実証されたタバタトレーニング(タバタトレーニングの科学
2つの「エネルギー供給機構」が身体を動かす ほか)

著者紹介

田畑 泉 (タバタ イズミ)  
1980年東京大学教育学部卒業、82年同大学院教育研究科体育学専攻修士課程修了、86年同体育学博士課程中退。同年4月鹿屋体育大学体育学部助手を経て、92〜99年国立健康・栄養研究所運動生理研究室室長、93年博士号。99〜2002年鹿屋体育大学体育学部教授、02年〜11年国立健康・栄養研究所運動生理・指導研究室室長、同健康増進部長、同健康増進プログラムリーダーを経て、10年から立命館大学スポーツ健康科学部教授、同学部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)