• 本

とにかく散歩いたしましょう

文春文庫 お17−4

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-16-790412-8
4-16-790412-8
税込価格 713円
頁数・縦 255P 16cm

商品内容

要旨

私が不安を愛犬・ラブに打ち明けると、彼はグイとリードを引っ張った。“ひとまず心配事は脇に置いて、とにかく散歩いたしましょう。散歩が一番です”。ハダカデバネズミとの心躍る対面、同郷のフィギュアスケーターを見て流す涙、そしてラブとの別れ。本の思い出とともに創作の源泉を明かす珠玉のエッセイ。

目次

「る」と「を」
ハンカチは持ったかい
イーヨーのつぼの中
本の模様替え
散歩ばかりしている
ポコポコ頭を叩きたい
盗作を続ける
長編み、中長編み、長々編み
肉布団になる
自分だけの地図を持つ〔ほか〕

おすすめコメント

本と散歩ですべてのりきれる。珠玉の随筆集 ハダカデバネズミとの心躍る対面。同郷のスケーターの演技を見る感動。永眠した愛犬ラブと暮らした日々。創作の源泉を伝える46篇。

著者紹介

小川 洋子 (オガワ ヨウコ)  
1962年、岡山県生まれ。早稲田大学文学部文芸科卒業。88年、「揚羽蝶が壊れる時」で第7回海燕新人文学賞、91年、「妊娠カレンダー」で第104回芥川賞を受賞。2004年、『博士の愛した数式』が第55回読売文学賞、第1回本屋大賞を受賞。同年、『ブラフマンの埋葬』で第32回泉鏡花文学賞を受賞。2006年、『ミーナの行進』で第42回谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)