• 本

ビジネスに活かす脳科学

日経プレミアシリーズ 284

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-532-26284-6
4-532-26284-4
税込価格 961円
頁数・縦 297P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

脳科学の知見をマーケティングはじめビジネスに応用することは、欧米先進企業ではいまや当たり前。では、脳の何を知れば仕事に役立てられるのか?多くの企業とともに、脳科学の産業応用について研究を重ねている著者が、できるかぎり専門用語を使わずに、誰もが知っておきたい脳の知識を八つの領域にしぼって解説。

目次

プロローグ 脳を知らずにビジネスはできない
第1章 人は無意識に操られている―消費者の頭の中を知ることはできるか
第2章 記憶を作る―商品開発はユーザーの記憶を知ることから始めよ
第3章 感情と行動を決めるもの―顧客は何を心地よく感じるのか
第4章 人の意思を左右する脳のバイアス―あなたの意思決定は大丈夫か
第5章 脳のトップダウン処理―一流のプロの学ぶ脳の使い方
第6章 クロスモーダル効果―マーケティングに必須の脳のメカニズム知識
第7章 相手を知る「鍵」ミラーニューロン―新しいマーケティング手法への期待
第8章 感情を作る脳内化学物質―重要な神経伝達物質の働き
エピローグ 脳科学が拓くビジネスの未来

出版社・メーカーコメント

人の行動の9割は脳が勝手に決めている!だからこそ、脳を知れば百戦あやうからず! 逆にいえば、脳を知らずには、顧客、同僚、上司、部下の言動についても、データについても誤った判断をしてしまう。 脳科学の知見をマーケティングはじめビジネスに応用することは、欧米先進企業ではいまや当たり前。では、脳の何を知れば仕事に役立てられるのか? 多くの企業とともに、脳科学の産業応用について研究を重ねている著者が、できるかぎり専門用語を使わずに、誰もが知っておきたい脳の知識をわかりやすく解説します。 本書では、最新の科学的知見を踏まえて、無意識、記憶、感情と行動、ヒューリスティックなどの脳のバイアス、脳のトップダウン処理、クロスモーダル効果、ミラーニューロン、脳内化学物質の8つの領域を取り上げ、ビジネスに活かす観点から脳の興味深い働きを紹介します。

著者紹介

萩原 一平 (ハギワラ イッペイ)  
株式会社NTTデータ経営研究所情報未来研究センター長、ニューロイノベーションユニット長、研究理事・エグゼクティブコンサルタント。早稲田大学理工学部電気工学科卒業。プリンストン大学大学院電気工学・コンピュータサイエンス(MSE)修了。電機メーカー、シンクタンク勤務を経て、1997年より現職。脳科学、ライフサイエンス、地域経営、環境などの分野でマネジメントや新事業に関するコンサルティングを中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)