• 本

法廷に立つ科学 「法と科学」入門

出版社名 勁草書房
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-326-40304-2
4-326-40304-7
税込価格 3,850円
頁数・縦 302P 21cm

商品内容

要旨

法が科学をつくり、科学が法をつくる。情報化、生殖医療、新エネルギー…先端科学技術に依存する現代人は、同時にその倫理的・法的問題にも直面している。

目次

第1章 科学と法の交わるところ
第2章 変化する知識、変化するルール
第3章 法が専門性を構築する
第4章 政府は専門性をどう語ってきたのか
第5章 科学のコミュニティにおける法
第6章 有害物質をめぐる不法行為と因果関係の政治
第7章 法廷のなかの遺伝子工学
第8章 家族にかかわる問題
第9章 生と死のさまざまな定義
第10章 さらに反照的な協働関係に向けて

出版社
商品紹介

法廷は法と科学が出会う場だ。法が科学を規制するだけでなく、逆に科学も法を変えていく。ダイナミックな相互変容の「現場」。

おすすめコメント

生殖医療、情報化、新エネルギー─。先端科学技術に依存する現代人は同時にその倫理的・法的・社会的問題にも直面している。法は科学を一方的に規制する手段ではない。法廷で両者は出会い、問題が明るみに出され、相互に変容していくのだ。本書は「科学裁判」の豊富な事例をもとに、「科学への向き合い方」を私たちに示す。

著者紹介

ジャサノフ,シーラ (ジャサノフ,シーラ)   Jasanoff,Sheila
ハーバード大学ケネディスクール教授(科学技術社会論(STS))
渡辺 千原 (ワタナベ チハラ)  
立命館大学法学部教授、法社会学専攻、京都大学大学院法学研究科基礎法学専攻博士後期課程満期退学
吉良 貴之 (キラ タカユキ)  
宇都宮共和大学シティライフ学部専任講師、法哲学専攻。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)