• 本

朝顔の日

出版社名 新潮社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-10-337072-7
4-10-337072-6
税込価格 1,512円
頁数・縦 123P 20cm

商品内容

要旨

その日に死んでしまふ気がするのです―。凛太はTBを患い療養する幼馴染みの妻・早季を足繁く見舞っている。身体も、精神も、安静に保つ日々。しかし病状は悪化、咽喉の安静のため若い夫婦はついに会話を禁じられてしまう。そして或る日、彼が妻の瞳の底に見たのは、おそらく、人間が生きたまま宿してはいけない種類のものだった―。戦争を知らない世代が書いたと話題の『指の骨』で新潮新人賞を受賞し、各賞の候補に挙げられた大注目作家が描く、清らかで静謐な恋愛小説。

おすすめコメント

妻は少し考えた後に、鉛筆を走らせる。――紙に書いたことも、屹度、言葉でせう。その日に死んでしまふ気がするのです――。昭和十六年、青森。凜太はTBを患い隔離病棟で療養する妻を足繁く見舞っている。しかし病状は悪化、ついには喉の安静のため、若い夫婦は会話を禁じられてしまう。静かに蝕まれる命と濃密で静謐な時。『指の骨』で新潮新人賞を受賞した大注目作家のデビュー第二作。芥川賞候補作。

著者紹介

高橋 弘希 (タカハシ ヒロキ)  
1979年12月8日青森県十和田市生まれ。2014年、「指の骨」で第46回新潮新人賞受賞。2015年、同作が第152回芥川賞候補、第28回三島賞候補となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)