• 本

赤を身につけるとなぜもてるのか?

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-16-390317-0
4-16-390317-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 277P 20cm

商品内容

要旨

視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていた!最先端の研究が明らかにした無意識の世界。そこにはビジネス・恋愛・子育てのヒントが満載!

目次

温度―アイスかホットか
手触り―商談に勝つ椅子、負ける椅子
重さ―バックパッカーが旅に魅せられる理由
赤その1―赤ペンの使用を禁じた学校
赤その2―赤を身につけるとなぜもてるのか?
光―冬になるとなぜ気持ちが沈むのか?
空間その1―感情的な交渉と論理的な交渉
空間その2―選挙に勝つと背が高くなる?
浄め―心の汚れは除菌シートで落ちる
匂い―あの店ではなぜ財布のヒモが緩むのか?
閃き―グーグルのオフィスは何が違うのか?

出版社
商品紹介

冷たい飲み物を持つと、目の前の人を冷たい人だと感じてしまう。心理学の大革命には、ビジネス、恋愛、子育てのヒントが満載。

おすすめコメント

視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていた! 今、心理学の世界で起きている大革命、「身体化された認知」。私たちの思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、五感からの情報に大きく左右されている――。そんな驚きの研究結果が、この10年で続々と発表され、注目を集めている。・女性は赤を身につけた男性を見ると、セックスしたくなる ・温かい飲み物を持つと、目の前の人を「温かい人」だと感じてしまう ・柔軟な交渉と強硬な交渉を分けていたのは、座る椅子の硬さだった ・心に重荷を感じると、本当に体も重くなる ・子どもに部屋を片付けさせるには、洗剤の匂いを嗅がせればいい 心理学の常識を覆した研究結果の数々を、第一人者みずからはじめて書籍化。最先端の研究が明らかにした無意識の世界には、ビジネス・恋愛・子育てのヒントが満載!

著者紹介

ローベル,タルマ (ローベル,タルマ)   Lobel,Thalma
テルアビブ大学社会科学部心理学科教授。テルアビブ大学では心理学科長、学生部長も務めた。08年に「身体化された認知」を扱った論文に出会い、以後この分野は「心理学の大革命」だと考え、研究を進めている
池村 千秋 (イケムラ チアキ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)