• 本

1行バカ売れ

角川新書 K−39

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-04-102752-3
4-04-102752-7
税込価格 864円
頁数・縦 254P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 広告・コピーライトの本ですが、とても読みやすく面白い本です!
    「言いたいことを、相手の心をつかむ方法で伝える」
    という広告の原則、コミュニケーションにも応用できそうです。
    いろいろなエピソードや実例が挙げられているのですが、
    それもまた面白くどんどん読めて、さすがコピーライター!

    実用性があり、楽しく読める!
    素敵な本です!

    (2016年12月7日)

商品内容

要旨

大ヒットや大行列は、たった1行の言葉から生まれることがある。様々なヒット事例を分析しながら、人とお金が集まるキャッチコピーの法則や型を紹介。「結果につながる」言葉の書き方をコピーライターの著者が伝授する。

目次

序章 バカ売れ1行のための大前提―「自分に関係ある」と思ってもらう
第1章 なぜ人は新しい情報が好きなのか?―ニュースを知らせる
第2章 あの掃除機が売っているモノ―得することを提示する
第3章 いくつになってもモテたいのは、なぜ?―欲望を刺激する
第4章 悩みやコンプレックスの経済効果―恐怖と不安でやさしく脅す
第5章 なぜデメリットを言われると買いたくなるのか?―信用を売りにつなげる
第6章 思わず反応してしまうキャッチコピー10の型

おすすめコメント

大ヒットや大行列は、たった1行の言葉から生まれることがある。様々なヒット事例を分析しながら、人とお金が集まるキャッチコピーの鉄則を紹介。「結果につながる」言葉の書き方をコピーライターの著者が伝授する。

著者紹介

川上 徹也 (カワカミ テツヤ)  
コピーライター。湘南ストーリーブランディング研究所代表。大阪大学卒業後、大手広告代理店に入社。営業局、クリエイティブ局を経て独立。これまでに50社以上の企業の広告制作に携わる。東京コピーライターズクラブ(TCC)新人賞、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴は15回以上(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)