• 本

絵で見てわかるWebアプリ開発の仕組み

出版社名 翔泳社
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-7981-4088-9
4-7981-4088-0
税込価格 2,508円
頁数・縦 291P 21cm

商品内容

要旨

全体のワークフローから開発環境、実装技術、運用管理のノウハウまで。変遷の早い開発現場で長く使える知識を身につけよう!

目次

第1章 Webアプリとは
第2章 Webアプリの開発
第3章 バックエンド開発の環境構築
第4章 フロントエンド開発の環境構築
第5章 サーバーサイドプログラムの実装例(PHP編)
第6章 サーバーサイドプログラムの実装例(Node.js編)
第7章 クライアントサイドプログラムの実装例
第8章 運用管理
付録 ネットワーク基礎概論

おすすめコメント

Webアプリ/Webサービス開発の全体像が一気通貫にわかる! ゲーム、SNS、スケジュール管理、オンラインバンキング、ECサイト……、いまやWebアプリ/Webサービスを使うことは日常的なものとなりました。Webの技術は進化を続け、複雑な処理も可能となってきています。それに伴って開発現場では分業が進み、フロントエンド/バックエンドと分けられるように、使われる技術も大きく分かれるようになってきました。また、フレームワークによる効率的な開発が主流となってきていることもあり、自分が担当する分野以外の技術領域について、ますます見通しづらい状況がうまれています。しかも、次々と新しい技術が出てくるため、こうした変化に対応するためにはWebアプリ/Webサービスの全体像を把握しておくことがとても重要です。本書は、こうしたWebアプリ/Webサービスの開発現場で使われる技術を横断的に解説するものです。大きくは、フロントエンドとバックエンドという領域に分け、各領域で使われている実践的な技術を豊富な図解で解説します。これからも成長を続けるであろうWeb開発分野で活躍したいエンジニアにおくる、Web開発の全体像を一冊で把握できるオススメの書籍です。

著者紹介

松村 慎 (マツムラ シン)  
2002年カナダバンクーバーから帰国したのち、株式会社バスキュールにFlashデベロッパーとして勤務。2004年にフリーとして独立し、2006年に株式会社クスールを設立。クスールではWeb制作業務のかたわら、Webやモバイルの技術を中心としたものづくりを教える学校を運営している
大久保 洋介 (オオクボ ヨウスケ)  
主に生産管理システム開発に従事し、スタンドアロンだったシステムのWeb化を進める。2007年に独立し、株式会社バンシステムズを設立。現在はCakePHPを使った海外のWebサイト運用、さらにはiPhoneを使用した生産管理・在庫管理システムを構築中。その他、CakePHPを用いたWebシステム開発を多数経験。CakePHPの勉強会、ワークショップを定期的に主催。コワーキングスペース茅場町(CoEdo)の運営スタッフも兼務している
武田 智道 (タケダ トモミチ)  
東京理科大学、宮城教育大学大学院にて数学を学んだのち、システム会社で基幹系通信システムやモバイル端末の組み込み開発に従事。2012年よりWebの制作と学校を手がける「クスール」にて、モバイルアプリやサーバーサイドの設計・開発を中心にサーバーサイドからフロントまでを手がける
清水 紘己 (シミズ ヒロキ)  
サーバーサイドエンジニア・スマートフォンアプリ開発エンジニア。株式会社バンシステムズ技術顧問。PHPフレームワークCakePHPへの貢献、ドキュメント翻訳の活動を基に2009年フリーランスとして独立、以後Webサービス開発多数。現在リアルタイムアプリ開発の新規事業に従事
扇 克至 (オウギ カツシ)  
富山県氷見市出身。株式会社ストロボスコープ勤務。Webデベロッパー。大学卒業後、営業として広告代理店で6年勤務ののちWebデザイナーに転身。デザインからFlashまでマルチにこなすWebデザイナーだったが、よりレベルの高い案件を求めてデザイン業務をやめてWebデベロッパーに転身。現在はJavaScriptの開発をメインに、HTMLマークアップ、CMS構築、テクニカルディレクター、講師の業務を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)