• 本

代替医療の光と闇 魔法を信じるかい?

出版社名 地人書館
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-8052-0887-8
4-8052-0887-2
税込価格 3,080円
頁数・縦 371P 20cm

商品内容

要旨

代替医療は存在しない、効く治療と効かない治療があるだけだ―代替医療大国アメリカにおいて、いかに代替医療が社会に受け入れられるようになり、それによって人々の健康が脅かされてきたか。小児科医であり、ロタウィルスワクチンの開発者でもある著者が、政治、メディア、産業が一体となった社会問題として描き出す。

目次

少年を救え
第1部 現代医療への不信
第2部 ナチュラルなものの魅力
第3部 小さなサプリメーカー対巨大製薬会社
第4部 代替医療にスターは輝く
第5部 希望ビジネス
第6部 カリスマ治療師には抵抗しがたい
第7部 代替医療に実際に効くものがあるのはなぜか?

出版社・メーカーコメント

代替医療大国アメリカにおいて、代替医療がいかにして現在の地位を築き、それによって本来助かるべき人々がいかに苦しめられてきたか? メディアと政治と産業が一体となって進められてきた「もう一つの医療産業」の実態を描く。

著者紹介

オフィット,ポール (オフィット,ポール)   Offit,Paul A.
医師、医学博士。フィラデルフィア小児病院ワクチン教育センター長。研究者としてはロタウィルスワクチンの開発者の一人としても知られる
ナカイ サヤカ (ナカイ サヤカ)  
翻訳家、ライター。ASIOS(超常現象の懐疑的調査のための会)運営委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)