• 本

レヴィ=ストロース 新装版

Century Books 人と思想 96

出版社名 清水書院
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-389-42096-3
4-389-42096-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 220P 19cm
シリーズ名 レヴィ=ストロース

商品内容

目次

1 レヴィ=ストロースの人と業績
2 レヴィ=ストロースと『親族の基本構造』(インセスト・タブーと交換
婚姻規則の問題
『親族の基本構造』の構造主義)
3 神話の研究(神話の分析方法
神話の三つの方法―対立、変換、媒介
神話は何のためにあるのか)
4 野生の思考と構造主義(文化相対主義
トーテミズム
普遍的な“人間精神”
構造主義の影響)

出版社・メーカーコメント

文化人類学者という名称では包みきれない幅の広い、きわめて独創的な学者レヴィ=ストロース。レヴィ=ストロース構造主義とは何か、現代文明とどのような関わりがあるのかを探る。1991年発行書の新装版。

著者紹介

吉田 禎吾 (ヨシダ テイゴ)  
1923(大正13)年、東京に生まれる。東京大学文学部卒。九州大学助教授、東京大学教授、聖心女子大学教授、桜美林大学教授を歴任。東京大学名誉教授。社会学博士
板橋 作美 (イタバシ サクミ)  
1948(昭和23)年、東京に生まれる。東京大学卒。現在、東京医科歯科大学教授
浜本 満 (ハマモト ミツル)  
1952(昭和27)年、神戸に生まれる。東京大学大学院博士課程修了。福岡大学助教授を経て、一橋大学教授。専門は文化人類学。ケニアで数次にわたるフィールドワークを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)