• 本

洞窟オジさん

小学館文庫 か39−1

出版社名 小学館
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-09-406185-7
4-09-406185-1
税込価格 680円
頁数・縦 301P 15cm

商品内容

要旨

昭和35年、当時13歳だった少年は両親からの虐待から逃れるため、愛犬シロを連れて足尾銅山の洞窟に家出。人を避け、ヘビやネズミ、イノシシなどを食べて生きることを選んだ…。’04年5月に刊行され、話題を呼んだ『洞窟オジさん 荒野の43年』。あれから11年が経ち、社会復帰を果たした加村さんは群馬県の障がい者支援施設に住み込みで働いていた。彼はなぜ、そこで生きることを決めたのか。「自分のため」ではなく、「他人のため」に生きる喜びを知るまでの55年の軌跡を綴る。’15年10月、NHK BSプレミアムでドラマ化が決定!

出版社・メーカーコメント

人生のほとんどを洞窟で過ごした男の物語 加村一馬、昭和21年8月31日生まれ。群馬県大間々町(現:さくら市)出身。68才。昭和35年、当時13才だった少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出した。以来、彼はたったひとりで誰にも知られることなく、足尾鉱山の洞窟、富士の樹海などの山野で暮らし、イノシシやシカ、ヘビにネズミ、コウモリ、野ウサギなどを食らい命をつないできた。発見された時、少年は57才になっていた−− 2004年5月に刊行され、大きな話題を呼んだ『洞窟オジさん 荒野の43年』(小社刊)。あれから11年、社会復帰を果たした「オジさん」は、群馬県の障害者支援施設に住み込みで働いていた。彼はなぜそこで生きることになったのか。そして、「自分のため」ではなく「他人のため」に生きる喜びを知った「オジさん」は何を語るのか。トラブル続きの集団生活、「天使のような」女性との出会い、ブルーベリー栽培への挑戦、初めての入院生活…。12万字を越える加筆で奇跡の文庫化!!

著者紹介

加村 一馬 (カムラ カズマ)  
群馬県生まれ。両親からの虐待から逃れるため、13歳の時に家出を決意。足尾銅山の洞窟をはじめ、栃木や新潟など転々として、43年にわたり、サバイバル生活を送った。現在は社会復帰し、障がい者支援施設に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)