• 本

中居正広 しゃべり屋の本懐 MCに懸けた男の13の言葉

出版社名 アールズ出版
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-86204-277-4
4-86204-277-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 152,6P 19cm

商品内容

要旨

賑やかなトークでテレビ界を席巻する「中居くん」。心にためていた考えや想いを、言葉にする瞬間がある。“ホント”の姿を読みとく試み。

目次

1 しゃべり屋の流儀(俺、まとめらんねぇよ。怪獣ばっかだぞ!
これは、まずいな
ディーブイディー(DVD)でしょ〜(笑) ほか)
2 中居くんのホントは、どこ?(シブめに話したところ、全部、ウソですけど、大丈夫ですか?
許してもらわないと、ぼくは前に進めないし、許さないと、相手も前に進めない…
寂しくて、寂しくて、寂しいという気持ちしかありませんでした ほか)
3 中居くんの大事な話(なんで、この時期なんだろう?
これを覚えることで、ちゃんとできるんだ…
師匠! ほか)

出版社・メーカーコメント

なぜ、中居正広はこんなにも人を惹きつけてやまないのか? ジャニーズアイドルという枠を超え、いまはMCの世界で欠かせない存在となった中居正広。トークを志したジュニアの時代から、『NHK紅白歌合戦』で最年少白組司会を務めた20代、リスクを冒して数々の冠番組に挑んだ30代と、絶え間なくみずからのMCを進化させてきた。徹底した準備で相手を立て、どんな相手であっても、どんな空気が流れていても柔軟に対応してみせる。そんな中居の司会ぶりの裏側と、MCの道に懸ける彼の強さ、優しさを、13の言葉から読み解く。

著者紹介

キカワダ ケイ (キカワダ ケイ)  
1977年、東京都生まれ。大手芸能誌の編集者を経て2002年、フリーランスのライターとして独立。主に雑誌やweb媒体を中心に活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)