• 本

むのたけじ100歳のジャーナリストからきみへ 生きる

やさしい心こそ人の世でいちばんつよい力。

出版社名 汐文社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-8113-2189-9
4-8113-2189-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 71P 22cm
シリーズ名 むのたけじ100歳のジャーナリストからきみへ

商品内容

要旨

100歳にして現役。戦前、戦中、戦後を生きてきた現役ジャーナリストが君たちに贈る33のメッセージ。

目次

きょう一日をしっかり生きる。すると一生に筋が通る。
生命の営みは動物も植物も同じです。
生きる目標を自分で決めるところから「私」がはじまる。
人として「ソレをやりたい」と、人として「ソレを…
世界中の機械と材料と技師を集めても…
なぜ長生きできたかと問われたら…
人生は万華鏡に似ているな。自分で存分にためせ。
人間はだれでもいつも何かひとつは困りごとを抱えている。
「本当の自分がわからない」という者がいる。
ときどき心のひだをめくって陽光をあてよう。〔ほか〕

著者紹介

むの たけじ (ムノ タケジ)  
武野武治。1915年秋田県生まれ。東京外国語学校スペイン語科卒業。朝日新聞の従軍記者としてインドネシアへ行った。1945年8月15日、戦争責任をとる形で退社し、1948年秋田県横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊。1978年の休刊後も著作や講演などでジャーナリストとして活躍
菅 聖子 (スガ セイコ)  
1965年広島県生まれ。自由学園卒業。出版社勤務を経てフリー編集者、ライターに。暮らし、もの作り、教育などの分野で雑誌や単行本の編集、聞き書きをおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)