• 本

虚ろまんてぃっく

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-16-390328-6
4-16-390328-3
税込価格 1,870円
頁数・縦 308P 20cm

商品内容

要旨

人間が大嫌いになったり、我慢ならなくなったり、耐えられなくなった人に贈る、不穏でグロテスクで、時に美しい作品群。

出版社
商品紹介

シュールな近未来ものあり、不条理な家族小説あり。不気味で、不穏で、グロテスク、鬼才の筆が炸裂する、圧倒的衝撃的な作品集。

おすすめコメント

「日本社会の現状に対する鋭い洞察と、異議申し立て」(佐藤優氏)「近年の日本文学におけるもっとも高次な、また豊饒な果実の1つ」(若松英輔氏)と絶賛された傑作「ボラード病」で新境地を切り拓いた吉村萬壱氏。あれから一年、吉村氏の2005年以降の10の短篇・中篇を一挙収録した作品集。シュールな近未来ものあり、不条理な家族小説あり、不気味で、不穏で、グロテスク、吹き荒れる嵐のように暴走する想像力が、読者を真実の深淵へといざなう。鬼才の筆が炸裂する、圧倒的作品集。

著者紹介

吉村 萬壱 (ヨシムラ マンイチ)  
1961年、愛媛県松山市生まれ、大阪で育つ。京都教育大学卒業後、東京、大阪の高校、支援学校教諭を務める。2001年「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞を受賞しデビュー。2003年「ハリガネムシ」で第129回芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)