• 本

春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界

講談社学術文庫 2319

出版社名 講談社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-06-292319-4
4-06-292319-X
税込価格 1,430円
頁数・縦 389P 15cm

商品内容

要旨

それはたんなる体位解説でなく、出会いから始まる色恋の物語でもあった。最初の浮世絵師と呼ばれる菱川師宣の「四十八手」を一手ずつ紐解きながら、西川祐信、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など、後世の浮世絵師たちへの影響までをたどる。おかしくて少し切ない遊戯と諧謔の世界。わが国を代表する春画研究者による渾身の名著。

目次

第1部 菱川師宣の色恋四十八手―浮世絵前期の恋のかたち(『恋のむつごと四十八手』の世界
第1図 逢夜盃(あふよのさかづき)
第2図 思比(おもひくらべ)
第3図 明別(あけのわかれ)
第4図 ぬれなづけ ほか)
第2部 西川祐信とその後の色恋四十八手―浮世絵中期以降の恋のかたち(「色恋拾遺四十八手」の世界
巴取り(ともえどり)
舌人形(したにんぎょう)
床柱(とこばしら)
搦手(からめて) ほか)

おすすめコメント

「四十八手」は、たんなる性戯や体位だけでなく、出逢いから始まる「色恋の物語」でもあった。本書は、最初の浮世絵師と呼ばれる菱川師宣の『恋のむつごと四十八手』を、第1図から第48図まで一手ずつ丁寧に紐解きながら、西川祐信、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など、後世の浮世絵師たちがそれらをどう画いたか、表現の変遷をたどる。春画を愛で、楽しみながら江戸人の性意識や風俗を読む、著者の春画研究の集大成にして、渾身の名著。図版250点以上、カラー口絵あり 解説――浅野秀剛

著者紹介

白倉 敬彦 (シラクラ ヨシヒコ)  
1940年北海道生まれ。2014年逝去。早稲田大学文学部中退。現代美術から浮世絵にいたる美術書を幅広く編集し、のちに浮世絵春画研究に従事。海外での評価も高く、国際浮世絵学会常任理事を務めた。わが国屈指の浮世絵春画研究者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)