• 本

プリンス論

新潮新書 634

出版社名 新潮社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-10-610634-7
4-10-610634-5
税込価格 836円
頁数・縦 239P 18cm

商品内容

要旨

それは一人の天才音楽家による“紫の革命”だった―。奇想天外なヴィジュアル、ポップにしてアヴァンギャルドな作曲術とド助平で崇高な歌詞でヒットを連発、世界の頂点に立ったプリンス。彼を師と仰ぐ著者が、同じ音楽家ならではの視点で、その生い立ちから現在に至る、孤独な表現者の栄光の旅路を追う。“パープル・レイン”しか知らない人も、ディープなファンも、脳内にその音楽が高らかに鳴り響く、革命的プリンス論!

目次

第1章 天才、登場!(Minneapolis Genius)
第2章 紫の革命(The Purple Revolution)
第3章 ペイズリー・パーク王朝(The Paisley Park Dynasty)
第4章 〓(ラブ・シンボル)=かつてプリンスと呼ばれたアーティスト
第5章 解放と帰還(Emancipation to Way Back Home)
第6章 さらなる自由へ(Free Urself)

おすすめコメント

行間からビートが鳴り響く、革命的ポップ・ミュージック論! ポップで前衛的な曲、奇抜なヴィジュアル……すべては天才による“紫の革命”だった――。彼を師と仰ぐ著者が同じ音楽家ならではの視点で、その栄光の旅路を追う。

著者紹介

西寺 郷太 (ニシデラ ゴウタ)  
1973(昭和48)年、東京都生まれ京都府育ち。バンド「ノーナ・リーヴス」のシンガーを務める傍ら、音楽プロデューサー、作詞・作曲家としても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)