• 本

城館と中世史料 機能論の探求

出版社名 高志書院
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-86215-149-0
4-86215-149-3
税込価格 8,250円
頁数・縦 391P 22cm

商品内容

目次

第1部 中世城館の史料論(南北朝内乱と城館―一三三〇年代の様相
南北朝・室町期南九州の城郭―『山田聖栄自記』より
守護所革手と正法寺の戦い―『船田戦記』覚書
大名領国における公的城郭の形成と展開―「城督」を手がかりに
城館用語から見る南九州の地域性
「寄居取立」と地域社会
「戦功覚書」と城郭研究)
第2部 城館の変遷と地域支配(平安中期における城館の機能と性格
中世前期の在地領主と町場の城館
観音寺城の成立と展開―近江の社会・権力構造との関わりから
三好・松永氏の山城とその機能
戦国大名宇都宮氏の支城管理体制
天正期伊達・相馬境目と城館
戦国・織豊期の城と聖地)

著者紹介

齋藤 慎一 (サイトウ シンイチ)  
1961年東京都生れ。公益財団法人東京都歴史文化財団江戸東京博物館学芸員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)