• 本

界面ダイナミクスの数理

改訂版

チュートリアル:応用数理の最前線

出版社名 日本評論社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-535-78599-1
4-535-78599-6
税込価格 3,080円
頁数・縦 98P 22cm
シリーズ名 界面ダイナミクスの数理

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 相転移における秩序構造の形成
第2章 非平衡開放系
第3章 時間依存ギンツブルグ‐ランダウ方程式
第4章 1次元系の界面間相互作用
第5章 KdV方程式のパルス
第6章 反応拡散系のパルス
第7章 2次元以上での界面方程式
第8章 空間的周期構造
第9章 パターン選択

出版社
商品紹介

相転移や非平衡開放系等で重要な理論的方法「界面ダイナミクス」の基礎をコンパクトにまとめた好著。最新の話題を加えた改訂版。

出版社・メーカーコメント

相転移や非平衡開放系などで重要な理論的方法「界面ダイナミクス」の基礎をコンパクトにまとめた好著。最新の話題を加えた改訂版。

著者紹介

太田 隆夫 (オオタ タカオ)  
1949年香川県に生まれる。1971年京都大学理学部を卒業。お茶の水女子大学教授、広島大学教授、京都大学教授を経て、2013年京都大学を定年退職。現在、東京大学大学院理学系研究科客員共同研究員、豊田理化学研究所客員フェロー。お茶の水女子大学名誉教授、京都大学名誉教授、専攻は非線形科学。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)