• 本

イスラムと音楽 イスラムは音楽を忌避しているのか

出版社名 スタイルノート
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-7998-0143-7
4-7998-0143-0
税込価格 2,750円
頁数・縦 150P 21cm

商品内容

要旨

イスラムと音楽、その関係と成り立ちとは。古代ギリシアから近代アラブまで、イスラムと音楽の歴史や関係性を詳しく解く。

目次

第1章 古代ギリシアから
第2章 哲学者達の音楽理論
第3章 スーフィーの修行における「音楽」
第4章 コーランとハディースの中の音楽
第5章 コーランの読誦とアザーン
第6章 君主と音楽

出版社
商品紹介

イスラムで音楽は本当に忌避されているのか。古代ギリシアからの音楽の系譜から、近代イスラムと音楽への流れを探る。

出版社・メーカーコメント

イスラムでは音楽が忌避されているというのは本当なのだろうか。よく言われる言説だが、なぜそう言われるのか、そして実際にどういう歴史をたどっているのかを本書は詳しく解説している。確かに、キリスト教と違いイスラムでは礼拝に音楽を用いない。だが音楽を用いた儀礼で有名なスーフィー教団の存在も知られている。イスラムでは音楽をどのように見ていたのだろうか。本書はこの疑問から出発し、古代ギリシアの音楽理論がイスラム世界でどのように受容されたかを見る。あまり知られていない、古代ギリシアで花開いた西洋音楽がイスラムを経てキリスト教文明へと伝播していった興味深い系譜も解説。そして、コーランとハディース(預言者ムハンマドの言行録)の中に出てくる音楽に関する記述をすべて抽出し検討する。最後にイスラム勃興以来諸王朝の君主たちが音楽に対してどのような態度をとったかも確認し、近代にいたって西洋音楽と出会った彼らが自分たちの音楽をどのように考え位置づけようとしたかを考えていく。「イスラムと音楽」という、西洋古典音楽の前史がまとめられたとも言える基本文献となる1冊。

著者紹介

新井 裕子 (アライ ヒロコ)  
お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。文学修士。平成20年度まで、放送大学、東京外国語大学、各非常勤講師を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)