• 本

大相撲の力 テレビ観戦がもっと楽しめる相撲界おもしろ話

メトロポリタン新書 005

出版社名 メトロポリタンプレス
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-907870-23-2
4-907870-23-X
税込価格 864円
頁数・縦 223P 18cm

商品内容

要旨

昭和の戦前戦後、平成と、大相撲の変遷を見続けてきたジャーナリストが語る、大相撲観戦の醍醐味。ラジオにかじりついて聴いた双葉山69連勝、テレビの前で手に汗を握ってみつめた花田家三代の活躍、砂かぶり席で感じた生身の緊張感…。大相撲観戦のおもしろさを余すところなく伝える一書。

目次

第1章 わが相撲狂の半生(相撲狂少年誕生記
わが相撲ファン入門記
耳で“見た”世紀の一戦 ほか)
第2章 土俵上に表徴された人生(さらに上を目指す新大関
大関で終った力士の“幸運”
不世出の兄弟子を持った運・不運 ほか)
第3章 伝統文化相撲の周辺(相撲は宮廷の儀式だった
文豪・夏目漱石の相撲観
一人さみしき勝相撲―国民作家吉川英治の見た双葉山 ほか)

出版社
商品紹介

戦前戦後〜平成と大相撲の変遷を見続けてきたジャーナリストが語る、大相撲観戦の醍醐味と面白さが伝わる一書。

著者紹介

塩澤 実信 (シオザワ ミノブ)  
長野県生まれ。日本ペンクラブ名誉会員、日本出版学会会員。東京大学新聞研究所講師、日本ジャーナリスト専門学校講師、日本レコード大賞審査員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)