• 本

日本人の歴史観 黒船来航から集団的自衛権まで

文春新書 1043

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-16-661043-3
4-16-661043-0
税込価格 858円
頁数・縦 220P 18cm

商品内容

要旨

二十一世紀、国家間の歴史認識論争は、いよいよ熾烈なものになった。しかし、「薩長史観」から「東京裁判史観」まで我々の近現代史はあまりに多くの偏向史観に歪められてきた。日本の論壇をリードしてきた三人が、曇りなき眼で日本近代の来歴を見直した「歴史認識」の原点。

目次

第1章 一八五三(嘉永六)年〜一八九五(明治二十八)年―黒船来航から日清戦争まで
第2章 一九〇四(明治三十七)年〜一九四五(昭和二十)年―日露戦争から大東亜戦争まで
第3章 一九四五(昭和二十)年〜一九八〇(昭和五十五)年―占領期から「六〇年体制」期まで
第4章 一九八九(昭和六十四)年〜二〇〇二(平成十四)年―“空白の十年”、そして未来へ
終章 二〇〇二(平成十四)年〜―国家を動かすエリートの役割

著者紹介

岡崎 久彦 (オカザキ ヒサヒコ)  
1930(昭和5)年生まれ。東京大学法学部中退。外務省入省。情報調査局長、駐サウジアラビア大使、駐タイ大使などを歴任し、退官後は岡崎研究所を創設し、所長を務めた。『隣の国で考えたこと』(日本エッセイスト・クラブ賞)、『国家と情報』(サントリー学芸賞)など著書多数。2014年死去
北岡 伸一 (キタオカ シンイチ)  
1948(昭和23)年生まれ。東京大学法学部卒。国際大学学長。東京大学名誉教授。法学博士。2004年から06年まで国際連合次席大使を務めた。『清沢洌』(サントリー学芸賞)、『日米関係のリアリズム』(読売論壇賞)、『自民党』(吉野作造賞)など著書多数。2011年、紫綬褒章
坂本 多加雄 (サカモト タカオ)  
1950(昭和25)年生まれ。東京大学法学部卒。学習院大学教授を務めた。法学博士。『市場・道徳・秩序』(サントリー学芸賞)、『象徴天皇制度と日本の来歴』(読売論壇賞)など著書多数。2002年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)