• 本

池上彰・森達也のこれだけは知っておきたいマスコミの大問題

出版社名 現代書館
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-7684-5762-7
4-7684-5762-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 230P 19cm

商品内容

目次

1 メディアを知る(事実と真実
加害性と匿名性
「空気を読む」メディア
同じ轍を踏むのか
現場の自由、表現の自由
ジャーナリストとは
ジャーナリズムと組織メディア)
2 メディアの「力」(メディアと戦争、マスコミと「国益」という言葉
日本のメディアの転換点
民主主義のインフラ
今を知るために歴史を振り返る
「朝日問題」とは何だったのか
メディアの謝罪)
3 メディア・リテラシーの想像力(メディアの今
メディアとのつき合い方
求められる特異性に対し、求めるべき普遍性
ニュースのプライオリティ
開かれた情報空間とリテラシーを
メディア・リテラシーを身につける)

出版社・メーカーコメント

【テレビでは見られない池上氏の辛らつな政府・メディア批判!】 「中立な解説者」「優しいお父さん」のイメージが強い池上氏が、これ までテレビでは封印していた自論とホンネ、体験談を惜しみなく展開! 【森氏が直接ぶつける池上批判と問いに池上氏はどう答えたか?】 「朝日新聞への提言」を巡って森氏は池上氏を批判! また、「自分の 影響力の大きさについてどう思っていますか?」等、次々と繰り出され る森氏の鋭い問いに池上氏はどう答えたか? 【現代書館オリジナル語り下ろし!】 マスコミが誤報を流した際の対応や、政府から圧力を受けた際の対応 について等、これからのメディアのあり方を幅広く語り合っています!

著者紹介

池上 彰 (イケガミ アキラ)  
1950年、長野県松本市生まれ。ジャーナリスト・東京工業大学教授。73年、NHK入局。報道記者として松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。「週刊こどもニュース」でお父さん役を務め、わかりやすい解説で人気を博する。2005年に独立
森 達也 (モリ タツヤ)  
1956年、広島県呉市生まれ。映画監督、作家。明治大学情報コミュニケーション学部特任教授。テレビ・ドキュメンタリー作品を多く製作。「A2」では山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。2011年、『A3』(集英社インターナショナル)で講談社ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)