• 本

陽気なギャングは三つ数えろ 長編サスペンス

NON NOVEL 1026

出版社名 祥伝社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-396-21026-7
4-396-21026-4
税込価格 924円
頁数・縦 225P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • シリーズものですが前作を読んでなくても楽しめます!

    伊坂らしい伏線の多さと最後にまとめて回収するところがとても爽快です。序盤は小物臭しかしない悪役が徐々に卑劣になっていくのも見どころです。起承転結の一巻完結で、前2作を読んでいない方にもおすすめです。

    (2015年12月1日)

  • 人気シリーズが帰ってきました!
    今回はギャングたちに災難が降りかかる!?さらには正体まで気づかれて―絶体絶命!?
    このピンチをどう乗り越えるのか、乗り越えられるのか。
    ハラハラドキドキ最新刊をお楽しみください。

    (2015年10月26日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた!必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶対絶命のカウントダウンが!人気シリーズ、9年ぶりの最新作!

おすすめコメント

180万部シリーズ待望の最新作! 絶体絶命のカウントダウン! 史上最強の天才強盗4人組に強敵あらわる!嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女――陽気なギャング一味の天才スリ久遠(くおん)は、消えたアイドル宝島沙耶(たからじまさや)を追う火尻(ひじり)を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪(えんざい)などのトラブルが頻発(ひんぱつ)。蛇蝎(だかつ)のごとき強敵(ライバル)の不気味な連続攻撃で、人間嘘(うそ)発見器成瀬(なるせ)ら面々は断崖に追いつめられた! 必死に火尻の急所を探る4人組に、やがて絶体絶命のカウントダウンが! 人気シリーズ、9年ぶりの最新作!

出版社・メーカーコメント

180万部シリーズ! 絶体絶命のカウントダウン! 史上最強の天才強盗4人組に強敵あらわる! 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女―― 【著者のことば】 シリーズ3作目は9年ぶりとなりましたが、前作から大きな変化はありません。執筆しながら、「銀行強盗を行う犯罪者たちを楽しそうに描いていいのだろうか」「銀行強盗なんてやれるわけがない」といくつもの疑問が頭をよぎったのですが、よく考えれば9年前もそれは同じですし、これはどこからどう見ても、現実的な物語ではないと気づきました。お伽噺(とぎばなし)のようなものですので、読者のみなさんもそう受け止め、楽しんでいただければと思います。陽気なギャング一味の天才スリ久遠(くおん)は、消えたアイドル宝島沙耶(たからじまさや)を追う火尻(ひじり)を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪(えんざい)などのトラブルが頻発(ひんぱつ)。蛇蝎(だかつ)のごとき強敵(ライバル)の不気味な連続攻撃で、人間嘘(うそ)発見器成瀬(なるせ)ら面々は断崖に追いつめられた! 必死に火尻の急所を探る4人組に、やがて絶体絶命のカウントダウンが!

著者紹介

伊坂 幸太郎 (イサカ コウタロウ)  
1971年千葉県生まれ。2000年、『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’04年、『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。’08年、『ゴールデンスランバー』で本屋大賞、山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)