• 本

井上ひさしの読書眼鏡

中公文庫 い35−23

出版社名 中央公論新社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-12-206180-4
4-12-206180-6
税込価格 660円
頁数・縦 185P 16cm

商品内容

要旨

面白くて、恐ろしい本の数々―。足かけ四年にわたり『読売新聞』読書面に連載された書評コラム「井上ひさしの読書眼鏡」三十四編。そして、藤沢周平、米原万里の本を論じる。著者の遺稿となった書評集。

目次

井上ひさしの読書眼鏡(不眠症には辞書が効く
知識を磨く二冊の事典
古本、今が絶好の買い時
歴史教科書、徹底論議を
絶望からつむぐ希望の言葉
三番目はサイモン
時の流れが文化を育む
世界の真実、この一冊に
優れた「組織者」の労作
本当の学問の方法とは ほか)
米原万里の全著作
藤沢さんの日の光

おすすめコメント

面白くて、恐ろしい本の数々。足かけ四年にわたり新聞連載された表題コラム34編。そして、藤沢周平、米原万里の本を論じる、最後の書評集。〈解説〉松山 巌

著者紹介

井上 ひさし (イノウエ ヒサシ)  
1934年生まれ。上智大学仏語科卒。「ひょっこりひょうたん島」など放送作家として活躍後、戯曲・小説などの執筆活動に入る。小説では『手鎖心中』で直木賞、『吉里吉里人』で日本SF大賞および読売文学賞、『腹鼓記』『不忠臣蔵』で吉川英治文学賞、『東京セブンローズ』で菊池寛賞、戯曲では「道元の冒険」で岸田戯曲賞、「しみじみ日本・乃木大将」「小林一茶」で紀伊國屋演劇賞および読売文学賞、「シャンハイムーン」で谷崎潤一郎賞、「太鼓たたいて笛ふいて」で毎日芸術賞および鶴屋南北戯曲賞など、受賞多数。2010年4月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)