• 本

見えない巨人微生物

出版社名 ベレ出版
出版年月 2015年11月
ISBNコード 978-4-86064-450-5
4-86064-450-6
税込価格 1,540円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

人が、「知らないことを知らなかった」ところから、微生物の働きや生き方を、一冊にまとめた、微生物学の入門書。

目次

1 微生物とは何だろう?(微生物は見えない生き物
微生物は巨大な生き物
微生物は多様な生き物
微生物と人間のかかわり)
2 発酵する微生物(発酵とは何だろう?
発酵という文化
新しい微生物、新しい発酵
次の世代に向かって)
3 病気を起こす微生物(歴史の中の感染症
病原体との戦い
新しい感染症の姿)
4 環境の中の微生物(環境を支える微生物
共生する微生物
集団としての微生物
地球環境と微生物)

出版社
商品紹介

系統分類できない雑多な生物の集まり「微生物」とは一体何か。その答えるのが難しい問いに対し、様々な視点からやさしく語る入門書。

おすすめコメント

蒸した米を酒に、練った小麦粉をパンに変える一方、食べ物を腐らせたり、恐ろしい伝染病を起こしたりするのも微生物。そして、動植物の遺骸や人間が作りだすゴミを分解し、地球と共生しながら地球を回しているのも微生物。では微生物とは一体どんな生き物なのだろうか?じつは答えるのが難しいこの問いに対し、本書では、「見えない」「巨大な」「多様な」という3つの形容詞を鍵にして語っていく。そして、その中でも「多様性」について、「発酵する微生物」「病気を起こす微生物」「環境の中の微生物」の3つのトピックに分けて、詳しく解説する。文化功労者で日本学士院会員でもある著者が贈る、読みやすく、わかりやすい微生物の「新しい」教科書。

著者紹介

別府 輝彦 (ベップ テルヒコ)  
1961年、東京大学大学院化学系研究科修了。1977年、東京大学大学院農学生命科学研究科教授。1994年、日本大学生物資源科学部教授。2006年、日本大学総合科学研究所教授。東京大学名誉教授。日本学士院会員。平成24年度文化功労者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)