• 本

法廷通訳人の倫理 アメリカの倫理規定に学ぶ

出版社名 松柏社
出版年月 2015年11月
ISBNコード 978-4-7754-0223-8
4-7754-0223-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 124P 21cm

商品内容

要旨

グローバル化が叫ばれる今、法曹関係者必携の書!!アメリカ合衆国の法廷に於ける重要な倫理原則を10項目に分けて紹介・解説、日本の裁判システムの中で応用可能な法廷通訳人倫理原則を項目毎に幾つかの柱として提示。各項目の制度の運用を中心に、通訳人と法律家の協働のあり方など望ましい形についての法律実務家の立場からのコメントを掲載。

目次

1 通訳人の資格に関する倫理原則
2 通訳の正確性に関する倫理原則
3 中立性に関する倫理原則
4 守秘義務に関する倫理原則
5 法的助言禁止に関わる倫理原則
6 職務上の関係に関わる倫理原則
7 継続教育の必要性に関わる倫理原則
8 業務遂行に対する障害の評価と報告に関わる倫理原則
9 法廷での礼儀と振る舞いに関わる倫理原則
10 違反についての報告義務に関わる倫理原則

著者紹介

水野 真木子 (ミズノ マキコ)  
金城学院大学文学部英語英米文化学科教授。法と言語学会副会長。略歴:京都府立大学文学部卒業。立命館大学国際関係研究科修士課程修了。専門:通訳学(コミュニティ通訳、法廷通訳)、法言語学
渡辺 修 (ワタナベ オサム)  
甲南大学法科大学院教授。法学博士、大阪弁護士会弁護士。略歴:京都大学法学部卒業。京都大学大学院法学研究科博士後期課程修了。専門:刑事訴訟法、刑事弁護(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)