• 本

窓辺の風 宮城谷昌光文学と半生

出版社名 中央公論新社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-12-004782-4
4-12-004782-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 282P 20cm

商品内容

要旨

作家生活25周年を記念する唯一無二の自叙伝。秘蔵写真多数収録。

目次

第1章 時代の証言者(中国古代に魅せられて
母との距離感じた幼少期
お気に入りの白砂青松 ほか)
第2章 おまけの記(英語と漢語
石の亀
床下の美 ほか)
第3章 未発表作品(闘牛士の歌
山の家
時に溺死する ほか)
年譜

おすすめコメント

中国歴史小説の大家が初めてその半生を語った読売新聞連載「時代の証言者」に、著者自身の書き下ろしによる「おまけの記」を付す。

著者紹介

宮城谷 昌光 (ミヤギタニ マサミツ)  
1945(昭和20)年、愛知県蒲郡市生れ。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事し、創作を始める。91(平成3)年『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。94年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、2000年、第三回司馬遼太郎賞、01年『子産』で吉川英治文学賞、04年菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)