• 本

多元的共生社会が未来を開く

出版社名 農林統計出版
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-89732-330-5
4-89732-330-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 174P 21cm

商品内容

要旨

“農”の哲学による3・11後の構想力。人類史から現代と未来を考える。

目次

1 共生の思想と現代(“共生”を改めて考える
「共生」理解の深化―欧米の論争にふれつつ)
2 共生理念と“農”の思想(共生理念と人間‐自然関係のとらえ方
“農”と現代社会)
3 人類史・世界史の新たな視座の探求と共生概念の意義(「人間と自然の物質代謝」の様式―環境史研究の成果にふれつつ
第一の人類史的転換―1万年前の「農業革命」と文明社会へ
第二の人類史的転換―近代文明社会へ)
4 近現代文明の危機と共生社会へ向けて(3・11原発大震災が暴露した近現代文明の問題性
多元的共生社会と新たな文明へ向けて)

著者紹介

尾関 周二 (オゼキ シュウジ)  
東京農工大学名誉教授。共生社会システム学会会長。総合人間学会副会長。1947年、岐阜県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程哲学専攻満期退学。社会学博士(一橋大学)。2012年まで東京農工大学大学院教授。1977年戸坂潤賞受賞。1987〜88年日本・オーストリア交換研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)