• 本

史上最強の哲学入門

河出文庫 や33−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2015年11月
ISBNコード 978-4-309-41413-3
4-309-41413-3
税込価格 814円
頁数・縦 344P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

真理に殉じた最強の論客ソクラテス、近代哲学の偉大なる父デカルト、神を殺した狂気の超人ニーチェ…強者の論を踏み台に、さらなる強者が出現する。そう、哲学の歴史はまさに闘い!!偉大なる哲学者たちが繰り広げてきた、頭脳と頭脳の闘いの歴史を、驚異的な噛み砕き方でわかりやすく紹介。最強の哲学入門書、降臨!!

目次

第一ラウンド 真理の『真理』―絶対的な真理なんてホントウにあるの?(プロタゴラス―絶対的な真理なんかない
ソクラテス―無知を自覚することが真理への第一歩 ほか)
第二ラウンド 国家の『真理』―僕たちはどうして働かなきゃいけないの?(プラトン―哲学者こそ国家の支配者だ!
アリストテレス―国家は腐敗と革命を繰り返す ほか)
第三ラウンド 神様の『真理』―神は死んだってどういうこと?(エピクロス―神様のことなんか気にしなくていいよ
イエス・キリスト―汝の隣人を愛せよ ほか)
第四ラウンド 存在の『真理』―存在するってどういうこと?(ヘラクレイトス―「存在」は変化する
パルメニデス―「存在」は不要である ほか)

おすすめコメント

最高の真理を求めた男たちの熱き闘い。ソクラテス・デカルト・ニーチェ…哲学者32人が論を闘わせる、「史上最強」の哲学入門書!

著者紹介

飲茶 (ヤムチャ)  
東北大学大学院卒業。哲学や科学など敷居の高いジャンルの知識を、楽しくわかりやすく解説したブログを立ち上げ人気となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)