• 本

「洞察力」があらゆる問題を解決する

出版社名 フォレスト出版
出版年月 2015年11月
ISBNコード 978-4-89451-674-8
4-89451-674-8
税込価格 1,870円
頁数・縦 350P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

ビジネスにおける問題解決や意思決定は、過去のデータや経験知を分析し、論理的な推論に基づいて行われることが多く、それがもっとも確実な方法と一般には考えられている。しかし、こうした分析的思考には限界があり、「見えない問題を見抜く」創造的な解決には至らないと、本書で著者は指摘する。本書では、他の誰もが思いつかない解決法を見出す「見えない問題を見抜く力(洞察力)」を伸ばすメソッドを解説。認知心理学の成果をもとに著者が生みだした「現場主義的意思決定(NDM)理論」を応用した「発見への3つのプロセス」など実践的な手法を詳しく紹介している。著者は、米国の認知心理学の大家で、米空軍省にも研究者として勤務した経歴を有している。現在はマクロコグニション社上級研究員。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年01月15日]

商品内容

目次

1 目には見えない問題を見抜くための扉―問題解決の「引き金」をどう引くのか?(見えない問題とは何かをつかむ
洞察力を導く5つの認識パターン
出来事のつながりから見抜く方法
偶然の一致と好奇心から見抜く方法
出来事の矛盾から見抜く方法
絶望的な状況における、やけっぱちな推測による方法
「見えない問題を見抜く」ための別の方法
問題発見への3つのプロセス)
2 見えない問題を見抜くための「心の扉」を開ける―私たちを邪魔するものの正体は何か?(自信を持って誤る偽りの発見
問題を見抜く人、見抜けない人
厳格なITシステムが直感を鈍らせる
組織は「見えない問題を見抜く力」をどのように抑圧しているのか?
結局、人が問題を見抜けないのはなぜなのか?)
3 目には見えない問題を見抜く「心の扉」を開け放つ―問題解決法を身につけることができるのか?(「見えない問題を見抜く力」は自分自身を救う
「見えない問題を見抜く力」は人を救う
「見えない問題を見抜く力」は組織を救う
見えない本質を見抜く人になるためのヒント
「見えない問題を見抜く力」という魔法)

おすすめコメント

論理的思考・分析的思考よりも重要な力があった!人の目には見えない事柄を見抜き、問題解決するという能力は、もともと人間に備わった能力である。

出版社・メーカーコメント

この本は、NDM理論を応用し、普段、人の目には見えない物事の本質を見抜く、いわゆる「見えない問題を見抜く力」について説かれている。個人にしろ、組織にしろ、問題を解決するためには、「いかにミスをなくすか」というウエイトに重きを置き、パフォーマンス向上を図っている。しかし著者は、それに相対する、「見えない問題を見抜く力」を高めるほうが、問題発見・問題解決に効果があるという。そんな「見えない問題を見抜く力」の答えを、実験室ではなく出来事の起こった現場に求め、論理的や分析的な方法よりも重要な問題解決法を提示する。

著者紹介

クライン,ゲイリー (クライン,ゲイリー)   Klein,Gary
米国認知心理学者。1944年、ニューヨーク市出身。1969年にピッツバーグ大学で実験心理学の博士号を取得。1989年、『現場主義的意思決定(Naturalistic Decision‐Making,NDM)理論』を構築したことで世界的名声を博す。オークランド大学助教授、ウィルバーフォース大学准教授を経て、米空軍省に研究者として勤務。1978年にR&D企業クライン・アソシエイツを創業。2005年に同社を売却。現在、マクロコグニション社の上級研究員
奈良 潤 (ナラ ジュン)  
意思決定学者。教育コンサルタント。1976年、東京都出身。高校卒業後、渡米。2010年、カペラ大学で教育学の博士号を取得。大学院在学中より、外資系企業就職の人材育成に携わる。現在、総合教育会社スカイビジネスの代表を務める。日本認知科学会、米国人間工学会、米国判断意思決定学会の各正会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)