• 本

もう迷わなくなる最良の選択 人生を後悔しない決断思考の磨き方

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-416-71583-3
4-416-71583-8
税込価格 1,430円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

進学、就職、結婚、人間関係…人生は分岐点の連続。「優柔不断」「後悔」をきっぱり捨てるブッダの知恵を実践しましょう。

目次

第1章 人生は選択の連続である―「悩みの種」はどこから来るのか?
第2章 正しい判断は「理性」から生まれる―なぜ感情で判断してはダメなのか?
第3章 自我に気づくための思考レッスン―人のふり見てわが自我を知れ?
第4章 正しい意欲と正しい知識を持つ―「もっと…したい」は欲なのか?
第5章 捨てた選択に悩まない―「こんなはずじゃなかった」はなぜ起きる?
第6章 「愛している」は錯覚だ―愛が幸せを遠ざけていた?
第7章 優柔不断から脱する方法―なぜ「決められない」のか?どうすれば変われるのか?
第8章 みんな社会のひとつのピース―後悔のない最良の選択をするには?

おすすめコメント

◆◆養老孟司氏(東京大学名誉教授)推薦!◆◆ 「変わりたい人は読むべきだ。あなたはきっと変わる。そのための知恵が詰まった本です」 進学、就職、結婚、人間関係……人生は分岐点の連続。岐路に立って、私たちは優柔不断になったり、捨てた選択に後悔したり。人はなぜ選択に迷うのか? 後悔するのか? それは、自分の中に確かな基準がないから。「怒る」「ねたむ」という不毛な選択をしてしまうのも同じこと。私たちは一時の「感情」に流されてしまい、「迷わない」「捨てた選択に悩まない」「怒らない」ことがもたらす心の平穏を知らない。だから、間違った選択をしてしまうのだ。自我(=感情)とは錯覚であり、選択には理性だけが必要なのである。そして理性は、世の中を知ることで誰でも蓄積していくことができる。理性を活かせば、誰でも、最良の選択をすることができるのだ。本書は、初期仏教の教えに裏づけされた、心穏やかに幸福に生きていくための実践的なレッスンを紹介します。

著者紹介

スマナサーラ,アルボムッレ (スマナサーラ,アルボムッレ)   Sumanasara,Alubomulle
スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。1945年スリランカ生まれ。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとったのち、80年に国費留学生として来日。駒澤大学大学院博士課程で道元の思想を研究。現在、宗教法人日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事し、ブッダの根本の教えを説きつづけている。朝日カルチャーセンター(東京)の講師を務めるほか、NHKテレビ「こころの時代」などにも出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)