• 本

21世紀の不平等

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-492-31470-8
4-492-31470-9
税込価格 3,960円
頁数・縦 369,56P 22cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

格差や不平等は、先進国、新興国問わず、大きな経済問題、社会問題として世界各国で認識され、対策が必要とされている。本書ではそんな現状を踏まえ、各国で不平等(inequality)を縮小するための具体的プランを提言している。不平等とは何を意味するか、これまでの歴史から学べることは何か、経済学との関わり等を分析した上で、英国をモデルにした15の提案と五つの「検討すべきアイディア」を示し、さらにそれらに対して想定される反論に応える。著者はオックスフォード大学ナフィールドカレッジ元学長で、現在は同大学フェロー。半世紀にわたり不平等の問題を研究し続ける経済学の重鎮の一人。大ベストセラー『21世紀の資本』で時の人となった、本書にも序文を寄せているトマ・ピケティ氏の師匠格にあたる存在だという。

※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2015年12月11日]

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

商品内容

要旨

ピケティの師アトキンソン、格差をあきらめない15の方法。不平等研究の権威が現代社会の根本を問い直す。思想の大転換を迫る書。

目次

第1部 診断(議論の基礎
歴史から学ぶ
不平等の経済学)
第2部 行動のための提案(技術変化と対抗力
将来の雇用と賃金
資本の共有
累進課税
万人に社会保障を)
不平等を減らす提案
第3部 できるんだろうか?(パイの縮小?
グローバル化のせいで何もできないか?
予算は足りるだろうか?)
この先の方向性

おすすめコメント

全世界待望! ピケティの師の書、ついに刊行! 不平等研究の権威が、現代社会の根本を問い直す。思想の大転換を迫る書。格差をあきらめない 15の方法がここにある。世界16カ国で刊行・刊行予定の話題の書 【推薦の言葉】 「ウィットに富んで、エレガントで深遠なこの本を是非読んでほしい。」 トマ・ピケティ(パリ経済学校教授) 「アトキンソンは、多くの点で現代の不平等研究の父だが、すばらしい新著を発表した。」 ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授) 「好き嫌いにかかわらず、これは野心的な本だ。」 ティム・ハーフォード(ジャーナリスト) 「不平等研究の新しい基本書。日本の格差対策にも本書の15の提案は必読だ。」 大竹文雄(大阪大学社会経済研究所教授)

出版社・メーカーコメント

経済学のトレンドが成長から分配へ変わった今、不平等研究の第一人者が具体的で革新的な処方箋を提示する。全世界で読むべき一冊。

著者紹介

アトキンソン,アンソニー・B. (アトキンソン,アンソニーB.)   Atkinson,Anthony B.
オックスフォード大学ナフィールドカレッジ元学長。現在、オックスフォード大学フェロー。所得分配論の第一人者であり、国際経済学会、欧州経済学会、計量経済学会、王立経済学会会長を歴任。所得と財産の分配の歴史的トレンド研究という新しい分野を切り開いた。論文・著書多数
山形 浩生 (ヤマガタ ヒロオ)  
翻訳家。1964年東京生まれ。東京大学工学系研究科都市工学科修士課程、マサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務する一方で、科学、文化、経済、コンピュータなどの幅広い分野で翻訳・執筆活動を行っている
森本 正史 (モリモト マサフミ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)