• 本

肘井学の読解のための英文法が面白いほどわかる本 大学入試

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-04-601132-9
4-04-601132-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 223P 21cm
シリーズ名 肘井学の読解のための英文法が面白いほどわかる本

おすすめコメント

次の英文中のing形の単語の品詞と役割を、すべて識別できますか? There are significant differences between learning and teaching existing mathematics and creating new mathematics. 「どうしたら英文を読めるようになるか?」 その疑問に答えるために、本書では『英文読解のための英文法』について、33のテーマを厳選しました。基礎から応用、そして発展レベルまで、英文の読解力を上げるための多くのしかけを用意してあります。読解のための33の英文法のテーマを定着させるために、183の例題→137の確認問題→38の発展問題で、無理なく段階的に英文読解力が向上していきます。さらに、学習のスパイスとして50のポイントも散りばめてあり、「面白いほど」英文が読めるようになります。183の例題は、すべて基本的な英文からスタートしています。ゴールである38の発展問題は、すべて地方国公立や東大・京大を含めた旧帝大、MARCHをはじめとする難関私大入試で 実際に出題された英文を掲載しているので、入試対策書としても最適です。例えば、テーマ09の「−ingの識別」では Learning to read a language is best taught in the classroom. という基本的な例題からスタートします。最終的には、上にあげている There are significant differences between learning and teaching existing mathematics and creating new mathematics. という、最難関のひとつである京都大学で実際に出題された英文の −ingをすべて識別して、正確に英文を理解できるようになります。例題と確認問題・発展問題の約350の英文に、ひと目で文構造と修飾関係がわかる 英文図解をつけました。英文図解の下にある簡潔な解説と合わせて、ビジュアル×文字による理解で相乗効果を生み出します。この1冊で、基本的な英文からハイレベルな英文まで、英文読解を極めてください。