• 本

BE KOBE 震災から20年、できたこと、できなかったこと

出版社名 ポプラ社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-591-14771-9
4-591-14771-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 199P 20cm

商品内容

要旨

あの日、いつか震災のことを書くと決意した作家・真山仁、研究者としての「責任」を背負い続ける防災学者・室崎益輝、世界で初めての「環境防災科」で教鞭をとった諏訪清二と卒業生たち、―さまざまな立場で「街」にかかわり続けてきた10組13名が語る、20年を経て、見えてきたこと。

目次

「普通の町」灘区を冒険してみよう 慈憲一(naddist)
その街の「担い手」を育てるために 飛田敦子(NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸マネージャー)
鳥の眼で描いた神戸を未来へ届ける 青山大介(鳥瞰図絵師)
“震災復興のDNA”を次世代に伝える 片瀬範雄(神戸防災技術者の会「K‐TEC」)
神戸で生まれた「防災+アーツ」を世界の「BOSAI」へ 永田宏和(NPO法人プラス・アーツ理事長デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)副センター長)
ラジオで人をつなぎ、多文化で街を彩る 金千秋(FMわいわい総合プロデューサー)
社会を強くする「多様性」という視点 田村太郎(ダイバーシティ研究所代表理事復興庁復興推進参与)
小説だからこそ、伝わる思い 真山仁(小説家)
研究者としての「結果責任」を背負い「被災地責任」を考える 室崎益輝(神戸大学名誉教授)
世界で初めての「環境防災科」から育つ新たな防災の担い手 諏訪清二(元・県立舞子高等学校環境防災科教諭/現・県立松陽高等学校教諭)中野元太・河田のどか・山本奈緒(県立舞子高等学校卒業生(環境防災科二期生))

おすすめコメント

防災とは、人と人がつながること。誰もが住みやすい町をつくること。20年を経たからこそ、見えてきたことがある。阪神・淡路大震災から20年。各分野のキーパーソン10組13名が、「新しい神戸」を作るなかで、できたこと、できなかったこと、そして、これからを語るノンフィクションです。神戸で、日本各地で奮闘する人たちの知恵と想いが詰まった本書。全国の人たちにとって、ヒントとなる一冊です。写真や年表なども収録。