• 本

最後の晩ごはん 〔5〕

師匠と弟子のオムライス

角川文庫 ふ30−5

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-04-103370-8
4-04-103370-5
税込価格 528円
頁数・縦 218P 15cm
シリーズ名 最後の晩ごはん

商品内容

要旨

兵庫県芦屋市にある、夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」。元イケメン俳優の海里もすっかり店に馴染み、美食について勉強中。そんな中、店長の夏神に、師匠の船倉から一本の電話が。なんと自ら営む洋食屋を、近々閉店するという。すぐに皆で店を訪ね、船倉の作る洋食を堪能するが、その直後、彼が急死したという報せが届いて…。若き日の夏神に、料理という希望を与えたシェフの想いとは。涙溢れる、お料理青春小説第5弾。

おすすめコメント

夜だけ営業の定食屋、「ばんめし屋」店長、夏神のもとに入った一報。それは夏神の師匠が営む洋食屋が、近々閉店するという報せだった。元俳優で店員の海里は、夏神と共に師匠の店へ行くことになるが・・・・・・。

著者紹介

椹野 道流 (フシノ ミチル)  
兵庫県出身。1996年「人買奇談」で講談社の第3回ホワイトハート大賞エンタテインメント小説部門の佳作を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)