• 本

図解科学の大理論 眠れなくなるほど面白い

出版社名 日本文芸社
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-537-26134-9
4-537-26134-X
税込価格 748円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

謎と不思議、大発見と大発明!ニュートン力学から最先端理論まで、現代文明を支える科学の世界が、面白いほどよくわかる。

目次

第1章 22世紀への新展開―最新の科学理論(銀河への憧れが生んだ大発見―ips細胞
第4世代のあかりLEDは隕石から見つかった―LED ほか)
第2章 物理の世界―運動と熱・電気エネルギー(鞭打ち症になるわけ―慣性の法則(運動の第一法則)
スポーツカーがダッシュのきくわけ―運動方程式(運動の第二法則) ほか)
第3章 世界を変えた前近代の大理論(皇帝のために発明された紙―中国科学
画期的なゼロ記号の発明―インド科学 ほか)
第4章 化学の基本 物質の変化(タイヤが車の重みを支えられるわけ―ボイルの法則
凹んだピンポン玉を修理する技術―ボイル・シャルルの法則(気体の状態方程式) ほか)
第5章 生命の普遍・地球と宇宙の謎(コーヒーカップの上に飛ぶ創造の火花―細胞説
修道院の庭で偉大な発見―メンデルの法則はダーウィンの悩みを解消していた! ほか)

著者紹介

大宮 信光 (オオミヤ ノブミツ)  
科学評論家。科学ジャーナリスト。1938年東京生まれ。東京教育大学在学中から家庭教師、塾経営をはじめ、67年にSF同人誌『宇宙塵』に参加。78年頃からSF乱学者、科学評論家を名乗り、科学技術と文明の未来を中心テーマに、森羅万象を狩猟・採集・料理する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)