• 本

仏像の樹種から考える古代一木彫像の謎 成城学園創立100周年記念シンポジウム報告書

出版社名 東京美術
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-8087-1041-5
4-8087-1041-2
税込価格 2,160円
頁数・縦 159P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

カラー特集 一木彫像の樹種はどのような認識で選択されたのか?
1 日本彫刻史研究における木彫像の樹種同定の意義―一木彫像成立の問題を中心に
2 仏像用材の材質と樹種
3 木材の構造による樹種の識別
4 木彫像の用材樹種を非破壊で調べる―近赤外分光法とVOC分析法
5 パネルディスカッション―日本の八〜九世紀の一木彫像になぜカヤが使われたのか?

著者紹介

金子 啓明 (カネコ ヒロアキ)  
1947年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。東京国立博物館彫刻室長、副館長、慶應義塾大学文学部教授などを経て、現在、興福寺国宝館長。日本大学芸術学部客員教授。東京国立博物館名誉館員
岩佐 光晴 (イワサ ミツハル)  
1955年生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了。文化庁主任文化財調査官(彫刻部門)、東京国立博物館上席研究員などを経て、成城大学文芸学部教授。東京国立博物館名誉館員
藤井 智之 (フジイ トモユキ)  
1952年生まれ。京都大学大学院農学研究科博士課程修了。農学博士(京都大学)。森林総合研究所木材特性研究領域長、多摩森林科学園長などを経て、現在、八ヶ岳中央農業実践大学校長。森林総合研究所フェロー
能城 修一 (ノシロ シュウイチ)  
1956年生まれ。大阪市立大学大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士(大阪市立大学)。現在、森林総合研究所木材特性研究領域チーム長
安部 久 (アベ ヒサシ)  
1967年生まれ。北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。農学博士(北海道大学)。現在、森林総合研究所木材特性研究領域主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)