• 本

アガワ対談傑作選 追悼編

文春文庫 あ23−24 「聞く力」文庫 3

出版社名 文藝春秋
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-16-790533-0
4-16-790533-7
税込価格 950円
頁数・縦 464P 16cm
シリーズ名 アガワ対談傑作選

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

千回を超えた「週刊文春」対談連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」。多士済済のゲストには亡くなった方々も。スポーツ、音楽、映画や舞台で一時代を築いたヒーロー達、日本映画を支えた名監督達、芸術や政治、ショービジネスの世界を生き抜いた女性達、そして日本人を笑わせ続けた賢人達。国宝級貴重対談の数々―感涙必至です!

目次

第1部 ヒーロー編(ジャイアント馬場―引退しない理由
三國連太郎―生い立ちを語る ほか)
第2部 名監督編(新藤兼人―愛妻・乙羽信子との仕事
伊丹十三―“業界”をエンターテイメントで見せる ほか)
第3部 生きて、働き、恋して編(小倉遊亀―「一枚の葉っぱ」を求めて
小林カツ代―「家庭料理」というジャンルを確立 ほか)
第4部 笑いの達人編(小沢昭一―麻布中学の思い出
植木等―「無責任男」一代記 ほか)

おすすめコメント

時代を創ったジャイアントたち 時代のスーパースター、日本映画の名監督たち、美と才を兼ね備えた女性陣、そして笑いの達人。アガワが出会ったすごい人々、追悼編。

著者紹介

阿川 佐和子 (アガワ サワコ)  
作家・エッセイスト。1953(昭和28)年、東京都生まれ。99年、壇ふみ氏との往復エッセイ「ああ言えばこう食う」(集英社)により第15回講談社エッセイ賞を、2000年、「ウメ子」(小学館)により第15回坪田譲治文学賞を、08年、「婚約のあとで」(新潮社)により第15回島清恋愛文学賞を受賞。13年、「週刊文春」の対談ページ「阿川佐和子のこの人に会いたい」は連載100回を突破。これにより14年、第62回菊池寛賞を受賞。165万部を突破した「聞く力心をひらく35のヒント」(文春新書)は、2012年・2013年の年間ベストセラー新書ノンフィクション部門2年連続第1位に輝く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)