• 本

ルシアン・フロイドとの朝食 描かれた人生

出版社名 みすず書房
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-622-07944-6
4-622-07944-5
税込価格 6,050円
頁数・縦 327,28P 図版12P 21cm

商品内容

要旨

肖像画、というには剥き出しすぎる人間の姿を描きつづけたこの画家は、いったいなにに囚われていたのか?青年のとき一枚の絵に出くわして以来、フロイドを追いかけてきたイギリス人ジャーナリストが、本人との会話や彼を知る身近な人々(家族、友人、モデル、美術関係者…)への取材をもとにあらわす、初めて公刊されたルシアン・フロイド伝。

目次

朝食
ストーキング
若き日々
女性遍歴の始まり
オブセッション
ローナが違したもの
キャロライン
絵の具
愛人たち
ある娘の物語
晩年の二人もモデル
ディーラーたち、そしてギャンブル
子孫
フィナーレ

おすすめコメント

存命画家としてその作品が、またモデルとしてフランシス・ベーコンに描かれた絵が、共に史上最高金額で落札された絵画界最後の「芸術家」、ルシアン・フロイド(1922−2011)の実像に迫る初の邦訳評伝。祖父フロイトのこと、ナチスからの避難、動物(とくに馬)への偏愛、母嫌い、オブセッション、女性遍歴…プライベートを隠しつづけた男への接近に成功したジャーナリストが全力で挑んだ真に迫るポートレイト。カラー作品・写真多数収録。