• 本

保育における「行事」 毎日の保育から生まれる負担にならない行事実践

PriPriブックス 見守る保育 3

出版社名 世界文化社
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-418-16806-4
4-418-16806-0
税込価格 2,160円
頁数・縦 127P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 保育における行事の意味(4〜7月の行事
8〜11月の行事
12〜3月の行事
入園式(慣らし保育)、入園・進級を祝う会
保護者会 ほか)
第2章 テーマで検証 行事実践(タイプ別重点検証(おたのしみ会
運動会
父親保育
夕涼み会
親子遠足
成長展))

おすすめコメント

日々の保育の中で、行事が負担になっていませんか? この本では、行事の本来の意味を洗い直し、負担にならず、保育が生き生きとしてくる楽しい行事の実践方法を紹介しています。

出版社・メーカーコメント

日々の保育の中で、行事が負担になっていませんか? この本では、行事の本来の意味を洗い直し、負担にならず、保育が生き生きとしてくる楽しい行事の実践方法を紹介しています。§日々の保育の中で、行事が負担になっていませんか?この本では、行事の本来の意味を洗い直し、負担にならず、保育が生き生きとしてくる楽しい行事の実践方法を紹介する。

著者紹介

藤森 平司 (フジモリ ヘイジ)  
1949年東京都生まれ。大学では建築学を学び、その後資格を得て小学校教諭として小学校勤務。1979年、建築学と小学校教員の経験をもとに東京都八王子市に省我保育園を開園。1997年、多摩ニュータウン(八王子市)にせいがの森保育園(子育て支援センターわくわく併設)を開園。2007年、これからの時代の質の高い保育の実践を目指し、新宿せいが保育園を開園。全国からの見学・研修を受け入れつつ保育環境研究所ギビングツリーによる講習会、インターネットブログ「臥竜塾」などを通して、「見守る保育」の啓発活動を積極的に行っている。現在、新宿せいが保育園園長・保育環境研究所ギビングツリー代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)