• 本

ホスピタルギャラリー

出版社名 武蔵野美術大学出版局
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-86463-045-0
4-86463-045-3
税込価格 2,200円
頁数・縦 269P 19cm

商品内容

要旨

病院の待合室で不安な気持ちでいる人に、デザインは何ができるだろう?2008年、徳島大学病院に小さなギャラリー設置を提案した深澤直人。しかも展示するのは、ムサビ基礎デザイン学科「形態論」の学生作品。ものと行為をとことん観察し、そこから新たなかたちを見出す「形態論」。「定規」と出題されれば、蚊取り線香に目盛りをつけて提出する学生。「手」と言われれば、出来たてのクリームパンが登場(ただし紙粘土)。あっと驚き、思わず笑ってしまう。そうだ、この瞬間を届けよう!

目次

第1章 デザインができること
第2章 見出された「かたち」(武蔵野美術大学基礎デザイン学科学生作品の展示
徳島県在住作家の展示
感想ノート)
第3章 美と医の出会い

おすすめコメント

病院の待合室で不安な気持ちでいる人に、デザインは何ができるだろう? 2008年、徳島大学病院に小さなギャラリー設置を提案した深澤直人。しかも展示するのは、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科「形態論」の学生作品。ものと行為をとことん観察し、そこから新たなかたちを見出す「形態論」。「定規」と出題されれば、蚊取り線香に目盛りをつけて提出する学生。「手」と言われれば、出来たてのクリームパンが登場(ただし紙粘土)。あっと驚き、思わず笑ってしまう。そうだ、この瞬間を届けよう! 真剣にかたちに取り組む学生作品は、訪れる人びとに、新鮮な驚きや共感を呼び覚ます。さまざまな感情が「感想ノート」に溢れ、ギャラリーはいつしか、ほっと和む空間へと変化していく。大学病院と美術大学、異色コラボの結晶!

著者紹介

板東 孝明 (バンドウ タカアキ)  
1957年徳島県生まれ。1983年、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。在学中からグラフィックデザイナー清原悦志氏に師事し、1985年、郷里徳島に事務所を設立、現在も徳島を拠点に活動。2002年より同大基礎デザイン学科教授。最近は軽量多面体構造の研究に従事
深澤 直人 (フカサワ ナオト)  
1956年山梨県生まれ。1980年、多摩美術大学プロダクトデザイン学科卒業。2003年にNAOTO FUKASAWA DESIGN設立。2005‐14年、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科教授。2012年、日本民藝館館長。2014年より多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授。「MUJI」CDプレーヤー、「au/KDDI」INFOBARなどをはじめB&B ITALIAやDanese’ Lamy’ERCOなど、世界各国でデザインやコンサルティングを手がける
香川 征 (カガワ ススム)  
1944年香川県生まれ。1969年、徳島大学医学部医学科卒業。1988年に同大医学部泌尿器科教授。泌尿器系腫瘍の研究、治療に取り組む。1999‐2003年、同大医学部附属病院長。2003‐10年、同大医学部・歯学部附属病院長として新病棟の建設にあたり、院内にくつろぎの空間をつくることを提案、ホスピタルギャラリー「be」が開設される。2010‐16年、徳島大学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)