• 本

異郷の友人

出版社名 新潮社
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-10-336733-8
4-10-336733-4
税込価格 1,512円
頁数・縦 156P 20cm

商品内容

要旨

阪神大震災を予言し、信者を増やす淡路島の新興宗教。イザナキ、イザナミの国生みの地で、新たな世界創世を説く教祖のもと、アメリカ西海岸から謎の天才ハッカー集団が訪ねてくる。彼らは何を企んでいるのか。すべてを見通す僕とは、いったい何者か?世界のひずみが臨界点に達したとき、それは起きた。世界の終末の、さらに先に待つ世界を問う、大注目の新鋭の集大成!芥川賞候補作。

おすすめコメント

ねえ、神様。あんたにやってもらいたいことがある。世界を正しいあり方に戻すんだ。阪神大震災を予言し、信者を増やす淡路島の新興宗教。教祖Sはイザナキ、イザナミの国生みの地で、新たな世界創世を説いていた。ある日、アメリカ西海岸の秘密組織から男たちが訪ねてくる。彼らは何を企んでいるのか。すべてを見通す僕とは、いったい何者か? 世界のひずみが臨界点に達したとき、それは起きた――。大注目の芥川賞候補作。

著者紹介

上田 岳弘 (ウエダ タカヒロ)  
1979年、兵庫県生まれ。早稲田大学法学部卒業。2013年、「太陽」で第四十五回新潮新人賞を受賞し、デビュー。2015年、「私の恋人」で第二十八回三島由紀夫賞を受賞。2016年、『異郷の友人』が第百五十四回芥川賞候補作になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)