• 本

21世紀日本の格差

出版社名 岩波書店
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-00-061115-2
4-00-061115-1
税込価格 1,944円
頁数・縦 216P 19cm

商品内容

要旨

『21世紀の資本』で格差論の新境地を開き、大ブームとなったピケティ。途上国の貧困問題研究で二〇一五年のノーベル経済学賞を受賞したディートン。先進国における格差、不平等、福祉に関する卓越した業績と政策提言を重ねてきたアトキンソン。日本の格差問題の第一人者が彼らの研究を踏まえた上で、豊富なデータをもとに日本の格差の実態を解析する。男女間格差、正規・非正規間格差、女性の貧困、そしてこれからますます深刻化する老老格差や健康格差。理論と実態の両方を網羅した、いま知っておくべき格差問題のエッセンス。

目次

序章 なぜいま格差なのか
第1章 ピケティ、ディートン、アトキンソンを読む―格差論の現在
第2章 日本の格差の現実
第3章 富裕層への高課税は可能か
第4章 格差解消と経済成長はトレードオフか
第5章 高齢者の貧困の実相―健康格差と老老格差

おすすめコメント

日本の格差問題研究の第一人者が、ピケティ、ディートンの理論と日本の現状をコンパクトな形で解説する。

出版社・メーカーコメント

『21世紀の資本』 で大ブームとなったピケティ,途上国の貧困問題研究で2015年のノーベル経済学賞を受賞したディートン,そして先進国の不平等研究で学界をリードしてきたアトキンソン.日本の格差問題研究の第一人者が,3人の議論を紹介した上で日本の格差の現状を概観する.格差の先端理論と日本の現状分析がぎゅっとつまった,知っておくべき格差問題のエッセンス!

著者紹介

橘木 俊詔 (タチバナキ トシアキ)  
1943年兵庫県生まれ。小樽商科大学卒、大阪大学大学院修士課程修了、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学教授、同志社大学教授などを経て、京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授。専門は労働経済学、公共経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)