• 本

たまさか人形堂それから

文春文庫 つ19−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-16-790548-4
4-16-790548-5
税込価格 726円
頁数・縦 222P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「玉阪人形堂」を祖父母から譲り受け、店主となった元OLの澪。今日もこの小さな店には人形に関する様々な難題が持ち込まれる。赤いマーカーの汚れがついてしまったリカちゃん人形、髪が伸びる市松人形、盲目のコレクターが持ち込んだ「小田巻姫」の真贋―。人形と人間の不思議な関係を円熟の筆で描く、人気シリーズ第二弾。

おすすめコメント

OLをリストラされたことをきっかけに、祖父母から譲り受けた「玉阪人形堂」店主となった澪。人形制作に関しては素人だったが、押しかけアルバイトの人形マニア・冨永と 高い技量の訳あり職人・師村の助けもあって、人形堂はそこそこにぎわいを見せていた。いっとき店は閉店の危機に見舞われたが、資産家の坊(ぼん)でもあった冨永が共同経営者の立場になることで、その危機は去った―ー。今日もこの小さな店には人形に関する様々な難題が持ち込まれる。赤いマーカーの汚れがついてしまったリカちゃん人形、グループ展でなぜか壊されてしまう人形作家の「ある作品」、髪が伸びる市松人形の謎、盲目のコレクターが持ち込んだ小田巻姫の真贋――。人形と人間の不思議で親密な関係を円熟の筆で描く、「たまさか人形堂」シリーズ第二弾。

著者紹介

津原 泰水 (ツハラ ヤスミ)  
1964年、広島市生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。89年、津原やすみ名義で少女小説家としてデビュー。97年に現名義で『妖都』を上梓以降、幅広いジャンルにわたる執筆活動を続ける。2006年に発表した自身の高校時代に材をとった『ブラバン』がベストセラーに。12年、『11』が第2回Twitter文学賞国内部門1位、14年、「五色の舟」がSFマガジン700号記念企画「オールタイム・ベストSF」国内短篇部門で1位に選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)