• 本

憑きびと 「読楽」ホラー小説アンソロジー

徳間文庫 と16−17

出版社名 徳間書店
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-19-894070-6
4-19-894070-3
税込価格 713円
頁数・縦 349P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

読んではいけない。でも読まずにはいられない。日常が歪む戦慄をあなたへ。稀代の作家が紡ぎ出すホラー小説アンソロジー。文芸誌「読楽」より精選!

おすすめコメント

長野のおじいちゃんがひとりの少年を連れて上京してきた。そこからはじまった不思議(「お正月奇談」朱川湊人)。窓から迷い込んできたのは、生首だった。私と兄と飛び回る生首。あったかな交友が始まるが……(「夜の来訪者」田辺青蛙)。――読んではいけない。でも読まずにはいられない。日常が歪む戦慄をあなたへ。稀代の7人の作家が紡ぎ出すホラー小説アンソロジー。怖いのが好きな人も、苦手な人もちょっとだけ。