• 本

国際協力 その新しい潮流

第3版

有斐閣選書 207

出版社名 有斐閣
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-641-28138-7
4-641-28138-6
税込価格 2,376円
頁数・縦 312P 19cm
シリーズ名 国際協力

商品内容

要旨

OECDの開発援助委員会や世界銀行が担ってきた開発援助の世界に、地殻変動が起こっている。初版、新版同様に国際協力の基礎をしっかり説明しながら、新しい動向を描く第3版。中国・インドなど新しい援助供与国の登場、途上国への直接投資など民間資金流入の著しい増加、国連「持続可能な開発目標」の設定など、国際協力を取り巻く状況の変化に対応。「開発協力大綱」のもとでのODAの変容など、日本の国際協力の現状についてもふれる。

目次

第1部 国際協力の基礎理論(国際協力ということ
国際協力の基本的な仕組み
途上国支援アプローチの変化―初期の潮流(1980年代末まで)
21世紀の新しい潮流)
第2部 国際協力のフロンティア(貧困削減への取組み
平和構築と復興支援
持続可能な開発への取組み
途上国のオーナーシップとガバナンス重視の潮流)
第3部 国際協力の主要なアクター(グローバル・ガバナンスと開発
国際資本還流の変化と民間資本時代の開発戦略
市民社会に期待される役割)
変容する国際開発規範と日本の国際協力

著者紹介

下村 恭民 (シモムラ ヤスタミ)  
1940年生まれ。法政大学名誉教授
辻 一人 (ツジ カズト)  
1956年生まれ。埼玉大学国際開発教育研究センター長・教授兼国際協力機構客員専門員
稲田 十一 (イナダ ジュウイチ)  
1956年生まれ。専修大学経済学部教授
深川 由起子 (フカガワ ユキコ)  
1958年生まれ。早稲田大学政治経済学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)