• 本

スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える

NHK出版新書 480

出版社名 NHK出版
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-14-088480-5
4-14-088480-0
税込価格 842円
頁数・縦 237P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

拡張する身体、サイボーグ化する人間、分身ロボット―未来は希望か、絶望か。人間は身体の限界を超えられるのか?人類がSFに夢見た未来はどこまで現実となるのか?人間拡張工学の最前線で研究する著者が「スーパーヒューマン」登場の背景を鮮やかに描き出す!

目次

序章 SFから人間拡張工学を考える
第1章 人間の身体は拡張する(拡張身体とは何か?―「補綴」から「拡張」へ
どこまでが拡張身体なのか?―脳と道具の間にあるもの
どこまでが身体なのか?―曖昧な身体の境界線を探る)
第2章 インターフェイスとしての身体(現実世界はひとつなのか?―五感がつくる現実感
新たな現実はつくれるのか?―感覚と情報がつくるバーチャル・リアリティ
人間は離れた場所に実在できるのか?―脱身体としてのテレイグジスタンス)
第3章 ポスト身体社会を考える(ロボットはなぜヒト型なのか?―分身ロボットとヒューマノイド
他人の身体を生きられるのか?―分身から変身へ
身体は融け合うことができるのか?―融身体・合体からポスト身体社会へ)

おすすめコメント

拡張する身体、サイボーグ化する人間、分身ロボット……未来は希望か、絶望か。「人間拡張工学」の最前線で研究する著者が、SF作品を切り口に、「スーパーヒューマン」の登場を鮮やかに描き出す!

著者紹介

稲見 昌彦 (イナミ マサヒコ)  
1972年、東京都生まれ。東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻教授。博士(工学)。東京大学助手、電気通信大学教授、マサチューセッツ工科大学客員科学者、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授等を経て2015年11月より現職。専門は人間拡張工学、自在化技術、エンタテインメント工学。光学迷彩、触覚拡張装置、動体視力増強装置など、人の感覚・知覚に関わるデバイスを各種開発。超人スポーツ協会の共同代表を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)