• 本

夜中の薔薇

新装版

講談社文庫 む5−4

出版社名 講談社
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-06-293328-5
4-06-293328-4
税込価格 691円
頁数・縦 305P 15cm
シリーズ名 夜中の薔薇

商品内容

要旨

気に入った手袋が見つからなくて、風邪をひくまでやせ我慢を通した二十二の冬以来、“いまだに何かを探している”…(「手袋をさがす」)。凛とした自己主張を貫いた半生を語り、平凡な人々の人生を温かな眼差しで描く名文の数々。突然の死の後も読者を魅了してやまぬ最後のエッセイ集。文字が大きくなった新装版。

目次

1(本屋の女房
楠 ほか)
2(こんにゃく・トーチカ
ムトートシコ ほか)
男性鑑賞法(鶴賀伊勢太夫
荘村清志 ほか)
3(手袋をさがす
時計なんか恐くない ほか)

おすすめコメント

気に入った手袋が見つからなくて、風邪をひくまでやせ我慢を通した22歳の冬以来、“いまだに何かを探している”……(「手袋をさがす」)。凛として自己主張を貫いてきた半生を率直に語り、人々のありふれた人生を優しい眼差しで掬いあげる 名エッセイの数々。突然の死の後も読者を魅了してやまない著者最後のエッセイ集。文字が大きく読みやすく、カバーの絵も美しくなった新装版。解説/太田 光

著者紹介

向田 邦子 (ムコウダ クニコ)  
1929年東京生まれ。脚本家、エッセイスト、作家。実践女子専門学校(現・実践女子大学)国語科卒業。映画雑誌の編集者を経て放送作家になり、テレビ・ラジオで活躍。乳癌の発病をきっかけにエッセイを書き始め、’80年に初めての短編小説「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で第83回直木賞を受賞。しかし、翌年8月、台湾旅行中に航空機事故で急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)