• 本

がん哲学外来へようこそ

新潮新書 655

出版社名 新潮社
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-10-610655-2
4-10-610655-8
税込価格 792円
頁数・縦 187P 18cm

商品内容

要旨

がん患者が次々入っては、笑顔で出てくる外来がある―その名は「がん哲学外来」。治療の不安から人間関係の悩みまで、主治医には打ち明けづらいあらゆる相談に著者は答え続けてきた。「自分を心配するのは一日一時間でいい」「冷たい医師にもいい医師がいる」「がん細胞は不良息子と同じ」「何を望むか、よりも何を残すかが大切」…貴重な個人面談録をもとに綴る、患者と家族の心に効く「ことばの処方箋」。

目次

1章 「がん哲学外来」とはどんな場所?
2章 がんより悩ましいのは「人間関係」
3章 治療を邪魔しているのは何か
4章 医療の「すき間」に、誰か一人がいればいい
5章 がん細胞に人間が学ぶ
6章 「何を望むか」より「何を残すか」が大切

おすすめコメント

もう、悩まなくていい。「心配するのは一日一時間でいい」「冷たい医師にもいい医師がいる」「何を望むかよりも、何を残すかが大切」――患者と家族の心に効く「ことばの処方箋」。

出版社・メーカーコメント

心配するのは一日一時間でいい。患者と家族3000人との対話から生まれた「ことばの処方箋」。 がん患者が次々入っては、笑顔で出てくる外来がある――その名は「がん哲学外来」。治療の不安から人間関係の悩みまで、主治医には打ち明けづらいあらゆる 相談に著者は答え続けてきた。「自分を心配するのは一日一時間でいい」「冷たい医師にもいい医師がいる」「がん細胞は不良息子と同じ」「何を望むか、よりも何を残すかが大切」……貴重な個人面談録をもとに綴る、患者と家族の心に効く「ことばの処方箋」。

著者紹介

樋野 興夫 (ヒノ オキオ)  
1954(昭和29)年島根県生まれ。順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、医学博士。米国フォックスチェイスがんセンター、がん研実験病理部部長等を経て現職。2008年「がん哲学外来」を開設。高松宮妃癌研究基金学術賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)